いつも使っている中古車査定の意外な活用法とは > 独り言 >

2014年8月11日(月曜日) テーマ:独り言

いよいよ投資すると時という局面では第一に準備を横着してはいけません。

 

売買を行う前相場を客観的に見つめる事のできる余裕がある。

 

だがしかし、マーケットの内側へ足を踏み入れると見解が偏ったものになる場合があり重要な時に正しい見方ができなくなる可能性があります。

 

それだけに考えが合理的な状況で、ちゃんとした事前準備をしておくことが重要です。

 

"事前準備"するためには、はじめは台本を描くことからスタートします。

 

今からの投資状況はこうなってああなるから米ドルをエントリーするみたいにあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

 

次に大切なのは日足チャートを見ましょう。

 

過去のレートの推移を確認して、今日のチャートを確認する。

 

そうすれば、「今のところ結構偏った段階である」または「もはや大多数の方が売買しているからこれから遅れて売買してもすでにやりようがない」などと見えてきます。

 

言うまでも無く今となっては買い(または売り)するのが遅すぎるなと考えたら、何もしないで、そこはきっぱりとあきらめることか肝心。

 

どうあがいてもあなたの筋書きを譲らずに無理にトレードすると、為替相場にやられて、かえって損失を被ることになる危険があります。

 

そうは言っても多くの状況で事前に準備している自らの物語を作り上げているとすれば、売買がやりようがないというケースにはならないと考えます。

 

たぶん、リアルに相場が動き出す前の状態のはずです。

 

次は、差し当って取引しようと考えている外貨ポジションの変動を正確に確かめる事が大切です。

 

もしも、円安が進むというシナリオを描いたのであればドル円の動きに注意を払っておきます。

 

市場の上下動を注意を払い始めた場面ではまだドル円は推移する素振りを見せることはなく、上がったり下がったり多少の上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

しかし、その変動をきちんと確認していると、ある地点でじわじわと円安へと外国為替相場が推移し始めます。

 

ここでようやくドル買いの新規注文を出すのだ。

 

基本的に、これだけ十分に事前準備を進めておけばその売り買いで儲ける割合は高まります。

元宮司のつぶやき



関連記事

大変でも我慢

大変でも我慢

2014年10月30日(木曜日)

2014年8月11日(月曜日)